道徳的動物日記

動物や倫理学やアメリカについて勉強したことのある人の日記です。

心理学

「大きな神々」の八つの法則、アラ・ノレンザヤンの『Big Gods: How Religion Transformed Cooperation and Conflict (宗教はいかに協力と争いを変えたか)』

今回紹介するのは、Ara Norenzayan(アラ・ノレンザヤン)の著書『Big Gods: How Religion Transformed Cooperation and Conflict (大きな神々:宗教はいかに協力と争いを変えたか)』。 Big Gods: How Religion Transformed Cooperation and Conflict 作者…

「動物愛護はナチス」「ヒトラーはベジタリアンだった」についての雑感

ナチスと動物―ペット・スケープゴート・ホロコースト 作者: ボリアサックス,Boria Sax,関口篤 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2002/05 メディア: 単行本 クリック: 22回 この商品を含むブログ (7件) を見る ヒトラーはベジタリアンであったと言われるし、…

グレッグ・ルキアノフ, ジョナサン・ハイト 「アメリカン・マインドの甘やかし:トリガー警告はいかにキャンパスの精神的健康を傷付けているか」

アメリカでは、PC(ポリティカル・コレクトネス=政治的な正しさ)を追求する運動は1980年代から行われてきたようであり、運動に対する批判や揶揄も行われ続けていたようだ。しかし、有名な風刺コメディアニメの『サウスパーク』が今年のシーズン19の…

スティーブン・ピンカーによる「動物の権利運動」論

スティーブン・ピンカーの『暴力の人類史』では、様々な資料や統計を駆使して、人類が歴史を通じていかに暴力を減少させていったかが示されている。扱われている「暴力」の種類も様々であり、国と国同士で行われる戦争やある社会が特定の集団に行う虐殺など…

『暴力の解剖学』の書評も気になった

暴力の解剖学: 神経犯罪学への招待 作者: エイドリアンレイン,Adrian Raine,高橋洋 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2015/02/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る レイプの遺伝子『暴力の解剖学』: わたしが知らないスゴ本は、き…

パーソン論について雑にまとめてみた

The Oxford Handbook of Animal Ethics (Oxford Handbooks) 作者: Tom L. Beauchamp,R. G. Frey 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Txt) 発売日: 2014/02 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る ・「女性には自分の意志に基づいて胎児を中絶…

ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』(6) 第4章 「他者の過ち」 (前半) 大半の人は、自分の見解に対する真の証拠を挙げようとはせず、自分たちの当初の見解に反する証拠を見つけようとする努力はまったくしない。

ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』 第4章 「他者の過ち」 (前半) しあわせ仮説 作者: ジョナサン・ハイト,藤澤隆史,藤澤玲子 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2011/07/06 メディア: 単行本 購入: 12人 クリック: 226回 この商品を含むブログ (9件) を…

ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』 (5) 3章「報復の返報性」 愛も、ゴシップも、セールスも、マフィアも、しっぺ返し。

しあわせ仮説 作者: ジョナサン・ハイト,藤澤隆史,藤澤玲子 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2011/07/06 メディア: 単行本 購入: 12人 クリック: 226回 この商品を含むブログ (9件) を見る ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』3章「報復の返報性」 The Go…

ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』 (4) 2章「心を変化させる」後編   瞑想、心理療法、薬でハッピーになろう!

しあわせ仮説 作者: ジョナサン・ハイト,藤澤隆史,藤澤玲子 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2011/07/06 メディア: 単行本 購入: 12人 クリック: 226回 この商品を含むブログ (9件) を見る ・自分の感情スタイルは、生得的なポジティブ/ネガティブ気質に影…

ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』 (3) 2章「心を変化させる」前編 心とはネガティブなものである。そして、幸福と不幸は生まれたときから「大脳皮質くじ」に左右される。

しあわせ仮説 作者: ジョナサン・ハイト,藤澤隆史,藤澤玲子 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2011/07/06 メディア: 単行本 購入: 12人 クリック: 226回 この商品を含むブログ (9件) を見る 2章 「心を変化させる」 ・古来の哲学も、現代の自己啓発本も、「…

(動画)ニック・クーニー、「動物愛護運動の科学」 心理学を利用して運動の支持者を増やす

修論でしんどいので、今日は動画を貼付けるだけで済ませます。 The science of animal advocacy, Nick Cooney at ... 自身も動物の権利運動家である心理学者、ニック・クーニー(Nick Cooney)さんの「動物愛護運動の科学」です。2013年にルクセンブルク…

ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』 (2) 1章「分裂した自己」 象の背中に乗った象使い、理性は感情に敵わない

しあわせ仮説 作者: ジョナサン・ハイト,藤澤隆史,藤澤玲子 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2011/07/06 メディア: 単行本 購入: 12人 クリック: 226回 この商品を含むブログ (9件) を見る ・ハイトは、人間の欲求や感情の強さと、それをコントロールするは…

ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』 (1) 自分の強みを活かして、充足を得る

しあわせ仮説 作者: ジョナサン・ハイト,藤澤隆史,藤澤玲子 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2011/07/06 メディア: 単行本 購入: 12人 クリック: 226回 この商品を含むブログ (9件) を見る ・昨年があまり順調ではなく、終始不幸感に苦しめられていたこと。…