道徳的動物日記

動物や倫理学やアメリカについて勉強したことのある人の日記です。

1月7日(火)

 ・午前4時に寝て午前11時前に起床。冷凍のクラムチャウダー、トースト3枚、コーヒー。『となりのサインフェルド』を2話観る。

 

 ・午後から大学にて最後のゼミ。説教されるかと思ったが、やんわり残念がられるだけで済んだ。

 

 ・サイゼリアで生チョコケーキとドリンクバー。卒業旅行の話が出たが、金がない。

 

 ・ゼミの同級生の英語を添削。エドマンド・バークやラッセル・カークなどの保守主義について。「偏見・先入観」や「慣習」などについての保守主義の見解は、心理学に照らし合わせても的を得ているところが多いと思う。「偏見はダメだ!」というリベラリズムな議論も、「偏見は、なかなか便利で、人間生活や政治には欠かせないものだ」という保守主義の議論も、どちらもそれぞれ筋が通っているとは思うが、読んでいて楽しく、見識も広がるのは、後者。

 

 ・大学近くの飲み屋で、ゼミの同級生と二人で飲む。ビール、マカロニサラダ、だし巻き、どて煮、えいひれ、海鮮巻きなど。研究室のあるキャンパスから徒歩3分なのだが、気がつけば九ヶ月以上行っていなかった。マカロニサラダとだし巻き卵とえいひれが美味しい店。