読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道徳的動物日記

動物や倫理学やアメリカについて勉強したことのある人の日記です。

1月20日(月)

 ・早朝に起床。

 

 ・証明写真を撮って、製本代を払い(高い)、ついに修士論文を提出した。

 

 ・優雅にスターバックスに行って優雅にカプチーノ。放置していた『しあわせ仮説』を優雅に読み終える。『社会はなぜ左と右にわかれるのか』と被っている部分が多いんだよなあ。

 

 ・中華料理やで牛角煮そば。いまいち。

 

 ・研究室の同級生たちと「修論を出しても空虚感しか残らない」「この2年、何をやっていたんだろう」「なんで俺はこんな大学院に来てしまったんだ」と未練たらしく会話をする。ネタとか、愛情のこもった憎まれ口ではなくて、純粋な後悔と幽かな憎悪を研究科に抱いているのである。我々は。

 

 ・http://davitrice.hatenadiary.jp/entry/2014/01/18/125352 いらない洋書を、同級生たちにあげたり、博士の先輩の本棚にこっそり挟んで処分。

 

 ・本と引き換えに、抹茶オレとお菓子をおごらせる。

 

 ・退職する某先生が研究室の前にいらない本を並べて「貰っていってください」というのをやっていた。新書本と文庫ばかりだったが、『茶の世界史』『戦後補償を考える』『高村光太郎講談社現代新書)』などを貰う。

 

 ・研究室の片付け。本と、大量のティーバッグやインスタントコーヒーを持って帰る。夏まではよく研究室に行っていたのだが、10月くらいからほとんど研究室に寄らなくなってしまった。ティーバッグやインスタントコーヒーは長持ちするので助かる。

 

 ・疾風のごとく家まで帰り、シャワーやトイレや家事を住ませてから、疾風のごとく大学まで戻る。

 

 ・修士論文お疲れ様飲み会。串カツがメイン、串焼きや釜飯、鍋など。串カツにおけるレンコンの美味しさが皆にも知られているようだ。アサリ釜飯もおいしかった。久しぶりに彼女以外の女の子と飲んだ。さっさとテンション上げようとビールと日本酒をちゃんぽんしたが、特にテンションも上がらず、布団に入ってから悪酔いで気持ち悪くなった。もう大人なんだから、大人らしく酒を飲むべきである。

 ・二次会的にカフェへ。みんながケーキを食べるなか一人でギネスビール。ロースクールに進学する同級生と話したりする。

 

 ・帰宅。バスで寝過ごし、普段行かないエリアへ迷い込んだ。