読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道徳的動物日記

動物や倫理学やアメリカについて勉強したことのある人の日記です。

「才能遺伝子の倫理:『ガタカ』の世界への道のりか?」 by ジュリアン・サバレスキュ

 

 オーストラリアの Conversation 誌に掲載された、倫理学者のジュリアン・サバレスキュ(Julian Savulescu)の記事。知能に関する遺伝子に関する研究結果について紹介しながら、生まれてくる子供に対する遺伝的な介入の是非について論じた記事である。特徴的なのは、遺伝的な介入を必ずしも否定していないどころか、むしろ肯定しているところだろう。日本では遺伝子介入や出生前診断を肯定する議論はなかなか紹介されないので、紹介することにした。

 

 

「才能遺伝子の倫理:『ガタカ』の世界への道のりか?」 by ジュリアン・サバレスキュ

 

 2015年7月にイギリスで発表された研究は、遺伝的な"一般学業達成因子(general academic achievement factor)"を特定したものである*1。一卵性双生児を用いて行われたこの研究は、学業に関する広範囲な題材の成績が、双生児たちが持つ多くの同一の遺伝子に影響されていたことを発見した。

 

共有された遺伝子による影響は、その大部分が、知能からは独立していた(…中略…)このことは、ある題材について良い成績を出す傾向のある子供は(別のレベルの知能を要するものであっても)別の題材でも良い成績を出す傾向にある、という現象のかなりの部分が遺伝的な理由によるものであるということを意味する。

 

 また、研究は以下のことも発見した。

 

様々な題材における子供たちの差異が遺伝子によって説明できる範囲(54−65%)は、家庭と学校の環境を合わせたものなどの環境因子によって説明できる範囲(14−21%)よりも大きい。

 

才能遺伝子(gifted genes)を弄ぶことの危険性

 

 どうやら、学業的な才能は(ここでは、より広く一般的な学業的素質を含む意味で、この単語を使っている)大部分が遺伝的であるようだ。上述の研究はきわめて重要なものである。しかし、もし私たちの知識がさらに発展して、才能に貢献する遺伝子を特定できたとしたら、この種の研究は厄介な倫理的意味を含むことになるかもしれない。以下では、研究結果が不適切に応用される五つの可能性を示そう。

 第一の可能性は、研究結果が優生学的な目的のために使用されるということだ。つまり、特定のポジティブな資質を増殖させることで人類を発達させようと試みることである。体外受精で生産される胚子は、生まれてくる子供に才能を与えて学術的な選抜を達成する可能性がより高くなる遺伝子を含むように選別されるかもしれない。そのような検査はイギリスでは違法だが、アメリカでは合法である。体外受精と教育にかかる費用のことを考えれば、学術的な才能のある子供がより多く誕生することを国家が要求し始めるようになるかもしれない。

 第二に、着床前の遺伝子診断や出生前診断による胚子と胎児の遺伝子解析は、学術的に成功する可能性が高い子供をその子供の人生が始まった段階で特定するために用いることができるようになる。才能が特定されてしまった子供たちは、その可能性を最大限に引き出して達成を行うことができるようになるために不自然な環境で育てられる(hot-housed)ことになり、子供たちは道具化されて自由も制限されることになるかもしれない。この種類の過剰な養育はよく見受けられるものではあるが、子供にとっては有害であり、それが遺伝子検査によって悪化されるかもしれないのだ。子供は、親の目的と成功のための手段になってしまうかもしれない。

 第三に、遺伝子検査はまた別の種類の差別の道具として使用されるかもしれない。才能が乏しい子供たちは"ゆったりした環境(slow streams)"に送られることになるかもしれないし、特定の仕事やキャリアを選択することが全く許可されなくなるかもしれない。投資に対するリターンが小さくなる可能性が高い人々に投資を行うのは金と時間の無駄であると思われるようになるかもしれないからだ。才能が乏しい子供たちは、遺伝を理由にして運命を社会から定められることになるかもしれない。このような種類のディストピアは映画の『ガタカ』で鮮やかに描かれている。

 第四に、遺伝的な不平等を特定することは社会的な不平等を悪化させるかもしれない。豊かな人は、子供を学校で成功させて有利で強力なキャリアの幅広い選択肢を与えるために、より才能のある胎児を選択するようになるかもしれない。豊かな人は賢くなり、賢い人は豊かになるのだ。

 最後に、もし才能の大部分が遺伝子に起因しているとすれば、能力の大部分は生物学によって決定されていることになる。未来には、人々の潜在能力を上げるためにドラッグなどを用いた生物学的介入が行われるようになるかもしれない。このことは低レベルの能力に対する医療介入を蔓延させてしまって、低レベルの能力を持った人たちはドラッグ漬けになってしまうかもしれない。

 

才能遺伝子を発見することの良い面

 

 才能遺伝子の発見に対する懸念はもっともなものであるが、検討する必要のある良い面も存在している。才能遺伝子の発見は、ある子供たちは学校で良い成績を取るのに別の子供たちは良い成績を取れない理由について、より正確な理解を行うことを可能にしてくれる。研究者たちは、良い成績を生み出している可能性がある複数のメカニズムを仮定している。モチベーション(動機)、パーソナリティ(性格)、そして精神病質の不在である。

 これらの理由について理解することは、新しい種類の介入を行うことに繋がるかもしれない。その介入は生物学的なものであるかもしれないし(子供の食事を改善することなど)、教育プログラムを改善するなどの社会的なものであるかもしれない。 

 なんらかの別の理由で体外受精を行っている両親にも、学術的な達成を行える可能性がより高く、より高い報酬が得られるキャリアを含んだ幅広い人生の選択肢が開けている子供が生まれることになる胚子を選ぶかどうかの選択肢が与えられるようになるかもしれない。要するに、より良い人生を過ごせる可能性が高くなる子供を産むかどうかの選択肢が与えられるのだ。決定権を両親に与えているため、この政策はナチス的な優生学ではなく、リベラル優生学と呼ばれるものである。現時点で行われている遺伝子検査でもダウン症や脆弱X症候群などの知的障害が検査されているが、これにもリベラル優生学の要素が混ざっている。

 両親たちは、子供の将来を制限するためではなく、子供の将来を広げるために遺伝子検査を行うことができる。遺伝子検査を行ったとしても、子供を道具化することからは程遠く、子供自身を目的として愛し続けることは可能である。子供自身が自分がどのような人間になりたいかを選ぶための選択肢の幅を両親が広げる、ということだ。

 才能遺伝子に関する知識は、自然に由来する不平等を是正してより正しい社会をもたらすことにも使用できる。遺伝的に不利な人たちに対するサポートを増したり教育を改善することで、遺伝のくじ引き(genetic lottery)の結果を是正するのである。

 

私たちはユートピアディストピアとを区別できるか?

 もし私たちが"何もしない"ということを選択するとすれば、私たちは可能性を最大化することや次世代の人々の可能性を現実化することを怠ることについての責任を負う。才能遺伝子の研究結果は、子供たちがより良い人生を過ごす可能性を高めるために使うことができるし、より正しくて平等な社会をもたらすために使うことも私たちにはできるのだ。

 あるいは、私たちは危害を引き起こし、自由を削減して不平等を悪化させてしまうかもし。知識には力が伴うのであり、力には責任が伴うのである。今回の研究結果は、認識能力を理解して改善するための道筋を示している。そして、認識能力とは21世紀の社会に参加する人々にとっては欠くことのできない本質的な要素であるのだ。

 

 

 

 

関連記事:

davitrice.hatenadiary.jp