読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道徳的動物日記

動物や倫理学やアメリカについて勉強したことのある人の日記です。

『暴力の解剖学』の書評も気になった

 

暴力の解剖学: 神経犯罪学への招待

暴力の解剖学: 神経犯罪学への招待

 

 

レイプの遺伝子『暴力の解剖学』: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

 前の記事に続けて同じブログを取り上げることになってしまうが、上記の『暴力の解剖学』の書評も、読んでいて気になった。

 

 同様に、「暴力」を定義していないのも気になった。人や物への破壊行為なのか、無差別殺人からちょっとした嘘、会社の備品のちょろまかしまで、反社会的行為として幅広く適用されている。自分の使いたい文脈に応じて、「暴力」を伸び縮みさせていることが、非常に危うい。

 

極端な言い方をすれば、戦場において敵に対する暴力は英雄的行為としてみなされるが、平和な公園では悪として扱われる。隠れた前提「暴力=悪」という価値観により、盗みや嘘も研究対象として入りこんでしまう。

 

 

 私としては、たしかにタイトルには「暴力」という言葉が使われているが、副題に「神経犯罪学への招待」と書かれている通り、(現代の基準における)「犯罪」全般が対象の本だと理解して読んだ。だから、「暴力」の定義にこだわる必要はないのではないか、と思う。

 

 この書評に関しては、翻訳者の高橋洋さんが Twitterで苦言を書かれていた。上記の書評は200以上のブクマが付くなど、広く読まれているようであるので、それに対する反論も読まれるべきだと思うから、紹介させてもらう。